headerphoto

XMの追証ゼロサービスに注目!

hhh55多くの魅力を備えたXEマーケット。レバレッジの選択枠やボーナスなどその魅力はさまざまですが、もっとも注目して頂きたいのは追証ゼロサービスです。

スプレッドの条件が良いXEMarketsには、損失が発生した際、損失金額が預入金額を超えないシステムが導入されています。ですので、追証が必要になることはありません。レバレッジの選択幅が広くボーナスがあるなどさまざまな魅力の中で、この追証ゼロサービスは他の追随を許さない優れたサービスと言えます。

FXのご経験者でしたら「マージンコール」をご存じだと思います。取引で損失が出た際、預入金額に対し証拠金の割合が一定水準を下回ると発動します。この「マージンコール」を受けた場合、追加で証拠金を入金するか強制ロスカットとしてその時のポジションを精算するかどちらかの選択をしなくてはいけなくなります。海外業者のiGaitameなどはこのような物はありませんが、これまでこの選択が出来ずに、思いがけない損失を被ってしまうことがありました。「マージンコール」があれば、証拠金割合が下回った際の対処をトレーダーの意志で決定することが可能となりました。

さらに、こうした「マージンコール」の際、ロスカットを選択した場合、今まではスリッページといわれる価格差が発生してしまい、想定された損失額を上回る損失を被ることがありました。特に、レートの急変の際には、逆指し値を用いても、このスリッページが大きくなり損失自体が拡大してしまうということです。ロスカットが出来ずに損失を拡大してしまったという事例は、それほど稀なことではありません。

海外のFXブローカーは、ほとんど追証ゼロサービスを実施しており、現在ではこれが世界的な標準となっています。追証が必要となる上記のようなケースで、このリスクをブローカー側が負担してくれるこのサービスは、トレーダーにとってはまたとない有利なサービスです。その時の状況によって、損失の拡大を許してしまうことはありません。XEマーケットが設定している損失確定の水準は、決済前のポジションに対し証拠金の割合が20%以下となった時点で、自動的に決済がなされポジションが解消されます。これはすべての口座で共通した水準となっています。



FXで性格判断?

株式投資の中でどのような銘柄を購入するのかを見るとその人の性格の一端を垣間見れるようで非常に面白いと思います。

時価総額が小さく万年割安に放置されてる株地味な株式を好んで売買する人、景気敏感株を好んで売買する人、時価総額が大きく出来高も多く、にぎわっている銘柄が好きな人、株式投資とは儲かればどんな銘柄に投資してもいいのも関わらず、長年株式投資をやっていると、自分がどのような株式に好んで投資する傾向があるのか見えてくると思います。

金融緩和

米国の金融政策は既に金融緩和の縮小を決定していますが、焦点になっているのはその手段についてです。これまでFRBは各銀行に貸し出すお金の量を調整して市場に出回るお金の量を調整していました。

よって、本来は貸し出すお金の量を絞ることで市場にお金の量を減らすのですが、これでは影響が大きすぎるため景気が大幅に後退し、世界中の国々にも影響があると懸念されています。

そこでそれに変わる方法として貸し出すお金の量を調整するのではなく、そのお金に幾ばくかの金利をつけて返済させる方法が検討されています。