headerphoto

XMマーケットの基礎知識 まとめ

hhh56XMには、他の海外FXブローカーと比較しても、良い特徴がたくさんあります。その代表的なものの1つは、リクオートが全くないということです。当初に明示された価格での取引が100%成立するのです。加えて執行率も100%で、約定拒否もありません。

つまり投資家が狙ったタイミングでの取引が、100%成立するのです。そしてXMでは、スキャルピングも禁止していません。まさに投資家の思い通りの投資ができるのが、XMと言えるでしょう。その半面、国内のFX業者に比較して、スプレッドが広めに設定してあることも事実です。取引手数料が無料の海外FX業者では、たいてい広めのところが多く、スプレッドが事実上の手数料になっていることから見ても、これはある程度しかたないとも言えます。

しかしすでに述べたように、他の海外FX業者と比較して、XMのスプレッドが特別広いということもなく、FX海外業者としては標準的なレベルです。リクオートなしで約定拒否もないこと、またそれ以外の取引環境を考えれば、安心して取引を行えるのがXMと言えるでしょう。

業界トップクラスのハイレバレッジ

XMでは、最大で888倍のハイレバレッジの取引が可能です。日本国内の業者は、業界の自主規制という形で、レバレッジは最大で25倍に規制されています。しかしFXの大きな魅力の1つは、ハイレバレッジによる効率的な資金運用です。そういう点から見ると、日本国内におけるFXは、海外業者を利用するしかないとも言えるでしょう。そしてもちろんXMでも、常に888倍のレバレッジで取引を行わなくてはならないわけではありません。自らの判断で、必要な時だけ利用すれば良いのです。

追証ゼロ、損失限定サービス

XMでは、追証ゼロ、損失限定のサービスを採用しています。急激な相場変動によって、仮に証拠金口座がマイナスになるようなことがあっても、追証の入金を求められることはありません。状況によって損失が予想外に拡大するのは、FXのリスクの1つですが、XMならその様な場合でも、最大の損失は預け入れている証拠金の金額までになります。このシステムは、投資家にとって大きなメリットです。

日本語対応も完璧

海外FX業者を利用する時に、多くの人が心配するのは、言葉の問題かもしれません。しかしXMでは、カスタマーサポートに日本人スタッフを置いており、電話やeメール、そしてライブチャットによるカスタマーサポートが、日本語で受けることができます。ここでポイントとなるのは、日本語が話せる外国人ではなく、日本人の担当者がいることです。そのことにより、日本語でストレスなく、サポートを受けることができます。またホームページや取引に関することもすべて日本語対応しているので、普段の取引の中で、XMが海外業者であることを意識するこは、まずないでしょう。



FXで性格判断?

株式投資の中でどのような銘柄を購入するのかを見るとその人の性格の一端を垣間見れるようで非常に面白いと思います。

時価総額が小さく万年割安に放置されてる株地味な株式を好んで売買する人、景気敏感株を好んで売買する人、時価総額が大きく出来高も多く、にぎわっている銘柄が好きな人、株式投資とは儲かればどんな銘柄に投資してもいいのも関わらず、長年株式投資をやっていると、自分がどのような株式に好んで投資する傾向があるのか見えてくると思います。

金融緩和

米国の金融政策は既に金融緩和の縮小を決定していますが、焦点になっているのはその手段についてです。これまでFRBは各銀行に貸し出すお金の量を調整して市場に出回るお金の量を調整していました。

よって、本来は貸し出すお金の量を絞ることで市場にお金の量を減らすのですが、これでは影響が大きすぎるため景気が大幅に後退し、世界中の国々にも影響があると懸念されています。

そこでそれに変わる方法として貸し出すお金の量を調整するのではなく、そのお金に幾ばくかの金利をつけて返済させる方法が検討されています。